肌のくすみ対策!改善にこの化粧品がおすすめです!ランキングで発表します!

肌のくすみ対策!改善にこの化粧品がおすすめです!ランキングで発表します!

くすみには次のような種類が存在しており、性質や要因がそれぞれ異なります。
肌のくすみ改善原因
肌のくすみの理由1:血流の滞り
 
睡眠・運動不足、ストレス、疲労などのせいで、血流が悪くなると肌の細胞や組織に栄養が供給されにくくなります。

 

そして、リンパの巡りも滞り、老廃物を追い出しにくくなってしまいます。
血液とリンパの巡りが悪くなる事で、肌のターンオーバーが崩れたりむくみが生じてしまったりします。

 

そのせいで、肌の血色が悪くなり、顔の印象が暗くなる場合があるのでこの手のくすみです。
また、シミが生じてしまう場合もあり、年齢肌に多いくすみの一種です。
このくすみを指して「青くすみ」と言う事もあります。

 

目の下のくまも同様の理屈で生じます。

 

※血液の滞りが要因のくすみの性質
 
・肌が青白い(暗い)事が多い
・冷え性の方が多い(足や手が冷たい)
・疲労を感じやすい
・むくみやすい
・目の下のくまにも悩んでいる人が多い

 

 

肌のくすみの理由2:メラニン
 
UVによってシミと一緒の理屈で生じてしまうのがこの手のくすみです。
年齢肌の大敵ですね。

 

UVによる刺激が及ぶと、肌をガードするためにメラノサイトという細胞がメラニンを生成します。

 

肌が健全な場合はターンオーバーの効果で邪魔な角質と一緒にメラニン色素も追い出されますが、メラニン色素が生成され過ぎると、そのまま沈着してしまって、くすみやシミになってしまいます。

 

そして、ターンオーバーが崩れているときにもメラニンが追い出されにくくなる事があり、くすみの要因になる場合もあります。

 

※メラニンが要因のくすみの性質
 
・くすみの色はこげ茶、茶色
・UVに晒される機会が多い人に生じやすい
・肌を摩擦する事が多い
・角質がゴワ付いている
・夕方にだけくすみが生じる

 

 

肌のくすみの理由3:乾燥

 

乾燥肌はくすみをはじめとして、色々は肌トラブルを招きます。

 

肌がきちんと保湿されていれば、キメが細かくなり、肌の表面は光をバランスよく反射するので綺麗に映ります。このような肌がいわゆる「透明な肌」ですね。

 

しかし、肌の乾燥が原因でキメが崩れると、肌の表面がデコボコになってしまい、そのせいで影が生じて明るくは見えなくなってしまうのです。

 

肌は寒い時期ほど乾燥しやすいので、冬場だけくすみが生じてしまうという人は、肌の乾燥を疑いましょう。

 

また、近年は夏場のエアコンが原因で夕方頃から肌が乾いて、夕方だけくすみができてしまう人も多いようです。

 

乾燥肌気味の人は気を付けたいくすみですね。

 

※乾燥が要因のくすみの性質

 

・毛穴や小じわも一緒に目立っている
・肌の透明度が下がってきている
・肌が乾燥している
・肌が敏感である
・思春期ニキビの経験がない

 

 

肌のくすみの理由4:ターンオーバーの崩れ

 

ターンオーバーを安定させる事も年齢肌を改善したいのであれば重要です。

 

生活習慣の崩れ、乾燥肌、老化などのせいで、肌のターンオーバーが崩れてしまうと、邪魔な角質が剥がれ落ちずに肌の表面に留まってしまうようになり、角質が分厚くなってしまう場合があります。

 

そうなると肌がゴワゴワして、灰色っぽい褐色のくすみが生じてしまう場合があります。

 

ターンオーバーの「崩れ」とは、主に「遅れ」の事を言うのですが、反対に「速すぎる」場合は、未成熟な角質層が肌の表面に現れてしまう事になります。そして、それはもちろんキメが崩れる要因となるので、そのせいでくすみが生じてしまう場合があります。

 

また、血流の滞り、UV、肌の乾燥などによっても、ターンオーバーが崩れて肌にくすみが生じる場合があるので、ここまでで紹介した3種のくすみと同様の症状が同タイミングで生じてしまう事も少なくありません。

 

 

※ターンオーバーの崩れが要因のくすみの性質

 

〜ターンオーバーが「早い」ケース〜

 

・敏感肌
・角栓が多くなってきた
・オイリー肌ではないのに、皮脂が多くなってきている

 

〜ターンオーバーが「遅い」ケース〜

 

・メイクやファンデのノリが良くない
・肌が灰色っぽい
・乾燥肌どころか、ゴワゴワしている

 

 

肌のくすみの理由5:毛穴の汚れ

 

毛穴の汚れの要因は多種多様です。

 

毛穴は閉塞、開き、黒ずみ等色々なコンディションになり得るものであり、いちご鼻に陥ってしまう場合もあります。

 

ただいずれの場合も、化粧落としがきちんとできていない事や、皮脂の出過ぎが原因であるケースが大半です。

 

ことに、オイリー肌の場合は、顔をきちんと洗わないと毛穴の状態が悪くなってくすみが生じやすくなるので気を付けましょう。

 

また、角栓が多くなった時にも肌にくすみが生じる場合があります。

 

そして、邪魔な角質、皮脂、埃等が毛穴を閉塞させていると角栓になってしまいます。
このような物資は酸化して黒色になり、顔全域の印象が暗くくすんでしまう事になります。

 

 

※毛穴が要因のくすみの性質

 

・毛穴が目立つ
・化粧落としをサボる、雑に済ませる事がある
・肌が敏感だったり、インナードライだったりする
・角栓をスクラブ剤や毛穴パックで除去している
・角栓を連日欠かさず取っている

 

 

肌のくすみの理由6:糖化

 

「年齢肌の改善」という視点から見て、近年「糖化」に注目が集まっています。

 

身体の中のたんぱく質と糖質が合体する事で「最終糖化生成物(AGEs)」というものができ、身体の色々な場所に負荷をかける事になります。

 

動脈硬化や糖尿病の要因でもあり、肌に関して言えばコラーゲンを硬くしてしまって、肌年齢を上げてしまうというかなり厄介なものです。

 

また、最終糖化生成物自体の色合いが原因で、茶色いくすみや黄色いくすみが生じてしまう場合もあります。

 

 

※糖化が要因のくすみの性質

 

・肌が茶色、黄色の人に多い
・肌の弾力やハリが衰えている人に多い
・糖分を摂り過ぎている
・脂質を摂り過ぎている
・高血糖

 

 

肌のくすみの理由7:肌の加齢

 

歳を重ねるごとにもちろん肌も加齢しますが、その他にも、リンパ管や血管が加齢したり、女性ホルモンが少なくなったり、糖化が原因で肌に負荷が掛かったり、肌が乾いたり、酸化が原因で肌に刺激が及んだり、UVによる刺激が及んだり肌が薄くなったりする事でも、肌は加齢していきます。

 

肌が加齢すると、肌の内部の繊維芽細胞が弱体化して、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンが少なくなってしまいます。
そうなるとターンオーバーが遅れてしまい、肌の角質が分厚くなってしまいます。

 

 

そして、老化と一緒に角質の水分の蒸発速度が穏やかになる事も判明しています。
一見悪いことではないように思えますが、老化のせいでこの現象が起きるときは、角質が分厚くなってしまっている可能性が高いです。

 

「老化と共に角質が分厚くなっている」のです。
そのせいでくすみが分かりやすくなってしまうのです。

 

※肌の加齢が要因のくすみの性質

 

・40代以上の人に多い
・肌の弾力やハリが衰えてきた
・毛穴、たるみ、しわ、ほうれい線が分かりやすくなってきた
・身体、顔のたるみが酷くなってきた
・更年期障害(火照り等)で悩まされるようになってきた

 

 

肌のくすみの理由8:タバコ

 

喫煙すると、血管が収縮して栄養分や酸素が肌に供給されにくくなります。
また、身体の中のビタミンCを一気に使う事になるので、抗酸化能力がダウンしてしまいます。
そのせいで肌が酸化して、一気に加齢してしまう場合もあります。

 

つまり、タバコがくすみ、毛穴のたるみ、ほうれい線、シワなどを招いてしまう場合もあるという事です。

・貴方のくすみはどれに分類される?

 

1:糖化が原因の黄色いくすみ

 

顔に黄・茶色っぽいくすみが生じている場合は、糖化が原因で黄くすみが生じている可能性が高いです。糖質過多な人はこのくすみで悩まされがちです。
スイーツに関しては分かりやすいですが、炭水化物(麺、パン、ご飯など)の摂り過ぎも良くないので気を付けましょう。
心当たりのある方は、糖質を減らしてみましょう。

 

糖化した肌を改善するには、多大な時間と苦労が必要です。
糖化を防止する食材(カモミール茶、緑茶、烏龍茶など)を食べる、糖分を減らす、生活習慣を整える、美白化粧品を用いる、などの方法で改善していきましょう。

 

くすみが頑張っても改善されないのであれば、皮膚科やクリニックで本格的に改善してもらいましょう。

 

2:化粧品が原因のくすみ

 

この類のくすみの事を「メイクやけ」「油やけ」と呼ぶ事もあります。
鉱物オイル入りの化粧品や古い化粧品を使うと、くすみが生じてしまう場合があります。
長期間同じ化粧品を継続使用していると、化粧品の成分が肌に付いてしまう事が原因で、色素が沈着して、くすみが生じてしまう場合があります。

 

化粧品にはオイル分が入っている事が多いので、完全に防止するのは困難です。
ですが、メイク落としをきちんと実行したり、オイル分の少ない化粧品を使ったりすれば、ある程度くすみも防止・改善する事が可能です。
添加物フリーのミネラルファンデ等が良いですね。

 

化粧品の使用期間は長くても2年と考えておいて、それを超えた場合は破棄しましょう。
化粧品のせいでくすみが生じてしまうのであれば、添加物フリーの美白化粧品で日々コツコツお手入れしていくようにしましょう。

 

即効性のある方法ではないので、コツコツ取り組んでくすみを改善していきましょう。

 

 

3:血流の滞りが原因のくすみ

 

朝は血色が良いのに夕方頃から血色が悪くなってくるという場合は、血流の滞りが原因でくすみが生じている可能性が高いです。

 

低血圧、冷え性、肩こりなどで悩んでいる方にも、この手のくすみで悩んでいる人が多いです。
そして、冷たい食べ物を多く摂取している人も気を付けるようにしましょう。

 

コリや冷え性のせいで血流が滞る事が良くあるので、身体を温める習慣を付けるようにしましょう。
別の事が原因のくすみよりは、血流が原因のくすみは改善しやすいです。体温を上げたりマッサージを行ったりして、血行を改善していけば、くすみを効果的に改善できるはずです。
運動やストレッチを日々積極的に行うのも効果的です。

 

 

4:メラニン色素が原因のくすみ

 

UVが原因のくすみ、広義の日焼けです。
UVに晒されるとメラニン色素が作られますが、そのメラニン色素が肌の内部に残存していると、くすみが生じてしまう場合が多いです。
メラニン色素は普通は肌のターンオーバーの効果で、徐々に不要な細胞と一緒に追い出されます。

 

ですが、ターンオーバーが崩れていたり、UVに晒され過ぎてターンオーバーだけではどうにもならなかったりするケースでは、メラニン色素が肌に留まってしまいます。
その残存したメラニン色素こそがくすみです。
このメラニン色素のくすみを放置しておくと、シミに発展してしまう場合があります。

 

 

ですから、常に肌に日焼け止めを使ってUV対策をしてくすみを遠ざけましょう。
UVは曇天でも冬場でも関係なく襲い掛かってくるので気を付けましょう。
また、部屋の中にもUVは少なからず入ってきます。

 

ですから、紫外線から肌を守る事のできるファンデや化粧下地を使ったり、日焼け止めを使ったりする事が効果的なのです。

 

既に生じているメラニン色素のくすみを改善する場合は、メラニン色素をブロックする効果のある化粧品で美白を行っていくようにしましょう。
m-トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体等が入った化粧品を使う事を推奨します。

 

 

5:毛穴の汚れが原因のくすみ

 

毛穴が閉塞していたり汚れていたりすると、肌がくすんで映る場合があります。
洗顔が甘かったり、化粧落としが甘かったりすると、毛穴に皮脂や汚れが蓄積して酸化してしまって、黒色にくすんでしまうのです。
オイリー肌、顔をあまり洗わない人、メイク落としを雑に済ませがちな人は気を付けましょう。

 

改善策は単純で、まずはメイクを丁寧に落とすようにしましょう。
きちんとオイルクレンジングを行う事が効果的です。
オイル式なら、オイルが毛穴の奥部にまで行き届いてくれるので、汚れがしっかりと除去されるからです。

 

 

反対に拭き取りシート式を毛穴の汚れに使うのは推奨しません。
肌を刺激する可能性があるからと言って、メイク落としを控えめにしていると、むしろ肌に汚れが蓄積してしまう恐れがあります。
メイク落としや洗顔はきちんと行うようにしましょう。

 

ピーリングを行うのも効果的ですが、週2〜3度にしておきましょう。

肌のくすみに効く化粧品の紹介です。

・どんな化粧品が良いのか

 

1:美白成分で見る
2:継続しやすさで見る
3:安さで見る

 

 

1:美白成分で見る

 

美白が目的の場合は、美白成分入りの化粧品を使いましょう。
色々ありますが、化粧品で摂り込みやすい美白成分は次の4種です。

 

・アルブチン(α-アルブチンとも)
・トラネキサム酸(m-トラネキサム酸とも)
・プラセンタエキス

 

・ビタミンC誘導体
リン酸アルコルビルMg(APM)、パルミチン酸アルコルビルリン酸3NA(APPS)等

 

中でも推奨したいのは「ビタミンC誘導体」です。美白効果の他にも、肌のハリを向上させる効果もあるからです。

 

※ハイドロキノンも優秀です

 

また、美白成分の「ハイドロキノン」も優秀な成分です。
その美白効果は普通の成分の1000〜10000%にも及ぶと言われており、くすみやシミを効果的に改善できるはずです。
ただし、肌へのダメージがやや大きいので、乾燥肌や敏感肌の人には向かない場合もあります。

 

 

2:継続しやすさで見る

 

美白商品の種類によって、見るべき要点も異なります。
以下に、選択基準をまとめてみました。

 

●化粧水

 

・美白成分と共に潤いキープ成分(水溶性)が含まれているものを選択する
・美白も潤いキープも可能

 

●美容液

 

・成分欄で、上位に美白成分が記載されている(=美白成分の分量が多い)ものを選択する
・そうする事で効果的にくすみを改善できる

 

●乳液・クリーム

 

・テクスチャで選択する
・重すぎる場合は肌に負担を掛ける事になるので、肌のコンディションや季節の事を考慮して選択する

 

 

3:安さで見る

 

美白化粧品はコツコツ継続しようする事が大事なので、ある程度安いものを買うのも大事です。
1と2の条件、それから嫌な香りでないかどうかもある程度考えつつ、継続できる価格帯のものを買いましょう。
お試し価格で買えるのであれば、トライアルをしてみるのも良いと思います。

 

 

●プチプラ化粧水の効果

 

俗に言うプチプラ化粧水の効果はそれほど高くありません。
有用成分がそれほど入っていないので「効果がイマイチ」「肌にまんべんなく供給されない」という場合もあります。
状態によって使い分けましょう。